おもろい本

ある方のブログで紹介されていた本。

 

 

こちらです。

 

f:id:aoyagiphysical:20190704105921j:image

読みたいことを、書けばいい。人生が変わるシンプルな文章術。

 

 

 

これ、内容が「ほお〜」の連続ですね。

 

一本どころか一気に十本くらい取られてしまいます。

 

 

今まで見聞きした部分と随分違う内容。

 

ですが、確かにそうだよねって感じも。

 

何しろ引き込まれていくので、読み物として面白い。

 

参考書というよりは、興味がひかれるエンターテイメント本ですね。

 

 

僕は割とスパッと方針とか変えちゃう人間なので、僕のブログ記事の感じも今後あからさまに変わるかもしれません。

 

変わらないかもしれません。(どっちだよ!)

 

 

この本の中で、「やっぱりか」と響いた部分。

 

それは、『調べて掘り下げろ』ということ。

 

 

この話は「センスは知識からはじまる」にもありましたが。

 

調べ、学びを進めることで、深さが出る。

 

新しいもの、革新的なものが生まれる。

 

 

やっぱり学びは永遠なんですね。

 

と、いうわけで学んでいきたいと思います。

 

 

ちなみに、「センスは知識からはじまる」の著者の方は、「段取り」についての本も出しています。

 

f:id:aoyagiphysical:20190820233515j:image

 

 

これがね、シンプルなんですけど、使えます。

 

シンプルだからこそ使えるのかな。

 

 

いきなり作業に入らず、段取りをすることで明らかにエネルギーのロスが少なくなります。

 

とにかくはかどるんです。

 

 

明確に一点集中することの大切さですね。

 

段取りをきちんと立てたら、その設定された時間でのタスクに全精力が集中しやすい。

 

 

 

今までは、色々なことをいつも無駄に考えすぎたり、行動があっち行ったりこっち行ったりすることでエネルギーをロスしていました。

 

そのロスは想像以上に大きかったようです。

 

 

計画を立ててしまうと、「ここまでにこれを」って感じで追い詰められてストレスを感じることが多かったのですが。。

 

 

本に書いてあること。

 

時間を決めて、この時間内に「決めてしまう」というのが秘訣として面白い。

 

より良いものを作ろうではなく、「時間内で」より良いものを作ろうということ。

 

設定した締め切り優先。

 

 

 

「もっと良くなるを考え続けて、いつまでたっても完成しない。」

 

 

これ、ほんとあるあるです。

 

 

 

また、「イレギュラーの可能性のための余白をきちんと作っておく。」

 

 

とか

 

 

「うまくいっている、のっているからといって、そのままぶっ通して動くのをしない。」

 

計画通りにやめる。

 

 

とか

 

 

耳が痛くなる指摘がたくさんありました。

 

おかげで変わることができました。

 

 

ごちゃごちゃせずに、すっきり。

 

時間枠を設定した方が、「ここに集中する時間」になり、結果メリハリが効いてストレスが減ります。

 

「制限時間に追いかけられる」ではなく、「設定した時間枠では一つに集中できる」

 

あるのはむしろ、安心。

 

時間に追いかけられるストレスがあるなら、それは段取りのミス。

 

 

上手な段取り、大切なんですね。

 

 

どの本の紹介かわからなくなってしまいましたが、、

 

 

 

どの本もオススメです。

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

色々やらない

最近読んでみた雑誌。

 

それがこちら⤵️

 

f:id:aoyagiphysical:20190730162453j:image

 

プレジデントです。

 

と、言っても読んだことない雑誌です。

 

 

こんなん読んでたら知的に見えるかなと思って買いました。

 

いやいや、何となく気になったので買いました。

 

 

まぁ間違いなく全部読むことはないでしょう。

 

 

目に付いた記事をご紹介。

 

f:id:aoyagiphysical:20190730162458j:image

 

小山さん(誰?)のインタビュー記事。

 

 

 

勉強はまず、やらないことを決めなさい。

 

 

 

このフレーズが響きました。

 

まぁ絞りましょうってのは良くある話ではありますが。

 

 

さらに響いた部分がこちら。

 

f:id:aoyagiphysical:20190730163150j:image

 

「やらない」と決めた勉強

 

・英語

 

→ 代理がきく

 

通訳雇った方が合理的だと。

 

確かに。

 

 

そしてさらに、、

 

・歴史、哲学などの教養

 

・ニュース新聞の視聴・購読

 

 

→ 「馬鹿にされない」「安心」だけがメリット

 

 

→ 「馬鹿にされない」「安心」だけがメリット

 

 

→ 「馬鹿にされない」「安心」だけがメリット

 

 

ぐぇっ!!

 

刀で刺されました。

 

確かにそれ。

 

 

好き好んで入っていくならわかる。

 

でも自分の場合はこれかも。

 

38のおっさんとして「知っておかなければならないこと」は多い。

 

だからやらねば。

 

 

でも時間足りない。

 

 

できないから焦る。

 

 

やってみても他が不足

 

 

 

やらねば。

 

なぜ?

 

 

「馬鹿にされたくないから」

 

「安心」だから。

 

 

小山のおっちゃんは、自分が学ぶ能力が低いということを自覚している。

 

実際に、自分の会社の社員の半分くらいだというテストスコアが出たとのこと。

 

 

そこを、自ら突き抜ける為に、絞った。

 

馬鹿にされない安心感を捨てた。

 

 

 

これは本当に響きますね。

 

 

偏りありすぎだから、教養を学ばないとなぁ。

 

めっちゃ思ってました。

 

 

馬鹿にされること、ありました。

 

めっちゃ嫌でした。

 

 

でも、自分らしく突き抜けていく為に、全部は無理だぁ〜と思っていました。

 

 

 

1番必要なのは、

 

 

馬鹿にされても楽観的に居られる、不安でも気にしない、メンタルかもしれない。

 

 

大きな気づき(都合の良い解釈)を頂きました。

 

 

小山のおっちゃん、ありがとう。

 

 

人生もっと楽しくなりそうだよ。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

冷凍食品侮りがたし

最近のマイブームはこれ。

 

 

ファミマの冷凍食品です。

 

f:id:aoyagiphysical:20190730165242j:image

 

これね、普通に美味い。

 

冷凍食品とは思えない。

 

 

そして安い。

 

まさかの税込み248円。

 

 

さらに、意外に量多い。

 

そこは感じ方人それぞれだと思いますが。

 

 

企業努力を感じます。

 

 

出来上がりがこちら。

 

f:id:aoyagiphysical:20190730165255j:image

 

インスタ映え

 

 

 

おススメです。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

体幹を固定する体幹トレーニングはしない方が良いのか3

続きです。

 

 

最初の記事の内容

 

体幹を固定する体幹レーニングを突き詰める

 

→ 動きがガチッとなる方向へのデメリットが入る

 

 

 

2の記事の内容

 

筋力や筋肉量はパフォーマンスに関わる重要な要素。

 

多少ガチッとなろうが、総合的にみてパフォーマンスが上がればオーケーと割り切るのも一つ。

 

でもまぁガチッとしないで進化できるに越したことはない。

 

ガチッとを突き詰めるのは違うし、ガチッとしない体幹トレをやれば良い。

 

 

 

そんな感じでしょうか。

 

 

そして今回の記事へ。

 

 

筋トレは筋トレでやりつつ、胴体力などのアプローチも組み合わせる。

 

配分が重要なのですが、伝えようがないですね。

 

 

で、まぁそれでも良いのですが、筋トレ・体幹トレのガチッとなマイナス要素をなくす方法がいくつかあります。

 

 

①インナーモード

 

こころとからだ:インナーモードまとめ記事。

 

 

②武田式

 

TRAINING LEGEND

 

 

③左重心

 

 

この3つです。

 

(もう一つありますが、まだ検証中です。。)

 

 

 

②の武田式というのは僕が勝手に言ってるだけです。

 

動画もたくさん投稿されています。

 

何年も前に一度パーソナルトレーニングを受けた事があります。

 

てか、久しぶりに開いたら値段にびっくり。。

 

 

 

出どころはそれぞれ別のものです。

 

が、これらの方法には共通点があります。

 

それは、

 

力みがなく、自然な揺らぎがあるということです。

 

 

この3つでトレーニングをすると、トレーニング後に身体は軽くなる方向に。

 

ガチッとならず、しなやかな方向に。

 

 

オススメしたいのは、そういうやり方でのプランクやサイドキープです。

 

 

 

アウターマッスルのトレーニングじゃねぇかと言われれば、そうかもですね。

 

ただ、アウターマッスルも含めて筋力は上がり、動きは良くなる方法だと思っています。

 

 

体幹固定 → 体幹揺らぎながら安定

 

 

 

というのがオススメという話でした。

 

 

ちなみに、僕はストレッチはほとんどしません。

 

そういう意味でもよりナチュラル感が良いなぁと思っています。

 

 

 

チーム指導にシフトさせたい。。

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

続・大学生のパーソナルトレーニング

以前も書いた、大学生。

 

大学生のパーソナルトレーニング - 進化と健康を応援する

 

 

f:id:aoyagiphysical:20190817090456j:image

 

不定期ですが、継続中です。

 

今回は池袋で。

 

 

 

まずは内臓のリリース。

 

腸と腎臓を丁寧に。

 

その場で腸腰筋の働きが高まります。

 

脚が軽くなる。

 

 

セルフでやるならこんな感じで。

 

理屈と共に理解してもらいます。

 

 

腎臓をセルフリリースする大学生。

 

シブいねぇ笑。

 

 

その後は左重心。

 

先日のJリーガーもそうですが、彼も左重心でした。

 

プロアスリートと左重心 - 進化と健康を応援する

Jリーガーの記事はこちら。

 

 

本人曰く、プレーの調子もとても良いようで。

 

右重心との比較では、全てはっきり実感。

 

感じる力が非常に高い。

 

優等生です。

 

 

彼の身体は正常な左右非対称。

 

立ち姿勢も。

 

片脚立ちとかしてもね。

 

教科書のモデルにできるレベル。

 

そんでもって、筋肉が酷使されて痛んでいる様子もない。

 

凄いことです。

 

今後の出会いによって、その正常な左右非対称が異常な左右対称に矯正されないことを願います。

 

 

左重心については、ほぼ全て伝授できました。

 

 

 

筋トレする場合。

 

体幹トレする場合。

 

胴体力する場合。

 

その他活用法など。

 

 

今後一生活用できる、大きな財産です。

 

 

 

プロを目指す勝負の年。

 

 

と、思ったら既にオファーを受けているそうな。

 

おめでとうございます!!

 

 

ただ、複数のJ1強豪クラブから注目を受けているらしく、、

 

選択肢を増やせると良いですね!!

 

 

 

楽しみが増えました!!

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

専門学校で特別講義やります!!

都内にある医療系専門学校。

 

昨年に引き続き、特別講義のご依頼を頂きました。

 

 

90分×8回。

 

 

詳細は現在調整中ですが、全て9月に実施します。

 

9月急にめちゃ忙しくなりましたー。。

 

 

最近は、インプットして身体で試行錯誤して整理してアウトプットという流れがスムーズにいっています。

 

去年よりも数段アップデートした内容をお伝えしていきます。

 

このブログに書いてあるような内容を、面白い順にやりたいと思います。

 

 

 

マジかよ!?

 

実技バンバンやります。

 

 

 

なんでこうなるの?

 

理論もバンバンやります。

 

 

関節の修正

 

内臓のリリース

 

筋肉コンディショニング

 

左重心

 

胴体力

 

陰陽五行

 

経絡

 

 

 

ネタ選びには事欠かないですね。

 

 

 

心身を良い状態に導く。

 

 

その奥深さを体感してもらう。

 

 

 

 

f:id:aoyagiphysical:20190816123326j:image

3倍界王拳かめはめ波くらいでいきたいと思います。

 

 

f:id:aoyagiphysical:20190816123321j:image

身体の負担を考慮して4倍はやめておきます。

 

 

 

 

 

どんな出会いがあるか。

 

 

楽しみです!

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

体幹を固定する体幹トレはしない方が良いのか2

前回の記事はこちら。

 

体幹を固定する体幹トレはしない方が良いのか? - 進化と健康を応援する

 

 

続きです。

 

 

プランクやサイドキープなどのエクササイズを避けた方が良いのか?

 

そうでもない理由。

 

 

まず、一般的な体幹トレの種目。

 

身体を支える。

 

まず、アスリートなら、それくらいある程度できて当たり前です。

 

実際、サポートしているチームでも実施しています。

 

 

ただ、その時間をとにかく伸ばしたり、重りを乗せたりして追求する必要性がどれくらいあるかは考えた方が良い。

 

前回の記事に書いたデメリットを考慮した方が良いからです。

 

 

が、そこがイコール、パフォーマンスの全てでもないわけです。

 

 

何年か前、テレビである格闘技の試合を観ていました。

 

 

一方は、筋肉量ゴリゴリで動きもハンマーの如く。

 

もう一方は、体格的には劣りますがめちゃしなやかでムチのような動き。

 

巧みな動きで相手を翻弄。

 

優位な試合運びで勝ちそうな感じ。

 

 

が、勝ったのはゴリさんでした。

 

一発が思いっきりヒット。

 

それで終わり。

 

 

何が言いたいかというと、

 

やはり筋肉量・筋力はめちゃ重要なわけで。

 

 

 

例えば、アメフトやラグビーで筋肉量や筋力を無視することなどあり得ないわけで。

 

じゃあサッカーでは?

 

もちろん関わりがあるわけですが、筋トレ体幹トレは?

 

僕の個人的な考えとしては、

 

 

筋トレ体幹トレを如何にうまく組み込むかが大事だと思っています。

 

 

筋肉量や筋力を除外した領域で世界で渡り合えるのかというと、難しいと思います。

 

動作精度やアジリティ、活動量が日本の武器だというのであれば、

 

相手のパワーに崩されないレベルまで引き上げて、パワーを大きな弱点にならないようにする。

 

その上で、良さを活かしてプレーする。

 

そんなイメージです。

 

 

で、じゃあどうするか。

 

そこで左重心やインナーモードが出てきます。

 

こころとからだ:インナーモードまとめ記事。

 

 

 

次回へ続きます。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。