滑り台エクササイズプログラム

運動する上での「モチベーション」でよく語られる話。

 

運動へのモチベーションが低い人にとって、

どちらがより行動するエネルギーを必要とするか?

 

①ソファから立ち上がり、5分間ランニングする

②5分間ランニングして、そのまま30分間ランニングを継続する。

 

 

正解は①

 

30分のランニングする方がしんどそうなイメージがありますが、

実際は行動を始める方がエネルギーが必要だと言われています。

 

1を10にするよりも、0を1にする方が難しい。

 

5分ランニングする過程でアセチルコリンという物質が生成され、

作業興奮」と呼ばれる状態になっていきます。

 

つまり、

30分に引き延ばす時にはそれなりに「ハイ」になっている。

 

なるほど納得。

 

 

ただ、ソファに座ってても動く事はできますよね。

リモコンを手にとってボタンを押したり。

 

苦もなくやるわけです。

 

「チャンネルを変えたいから」

というモチベーションがあるわけですが。

 

そこで考えたのが「滑り台エクササイズプログラム」というアイディアです。

 

イメージはこちら↓

f:id:aoyagiphysical:20201005181717j:plain

 

「滑り台でやるエクササイズ」ではありませんよ。

 

「始めたら滑り台のようにトレーニング終了まで止まらないエクササイズ」です。

 

 

スタートはごくごく軽いものから。

例えば、ごろ寝した姿勢からでもできる内容とか。

 

そこから、

心理的にも肉体的にも負担が少ない内容を続けざまに。

 

作業興奮状態に持っていき、

徐々に負荷がきちんとかかる内容へ。

 

気づけばグイグイワークアウトを完了して終われる。

そんな内容のプログラムですね。

 

これ良くないですか!?

初心者も入りやすく。

 

運動する人の人数を増やすことに繋がりそう!

 

f:id:aoyagiphysical:20201005181717j:plain

 

滑り台を一気に滑り降り、

最後は気持ちよく水面にスプラッシュ!!

 

エクササイズを一気にこなしていき、

最後は汗だくでワークアウト完了!!

 

 

これいいなあ!

いいですねえ。

 

 

エクササイズを自動化しすぎるのはどうかとも思いますが、

いろんな要素を練りこんだ内容にしたら凄い合理的。

 

寝起きから無理なく30分後には汗だくで完了!!

気持ちよく1日を過ごせそうです!

 

ベストは動画見ながら一緒にやれるとかかな。

まあでもそうなるとやらされ感が出てこないのかな。

 

そういうのあまりやったことないからわからないですね。

 

是非誰か作ってみて下さい!!

 

自分でも色々試してみようと思います。

我ながら良いアイディア。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。